ごっちゃん

記事一覧(41)

常駐型SESはグレーゾーン!?

常駐型SESって法律違反じゃないんですか?先日の【常駐型SESは、悪魔のささやき!?】を見た業界以外の人から素朴な疑問を投げかけられました。これを言われた瞬間に即座に【NO】と言いにくいのが、常駐型SES(システムエンジニアリングサービス)なのです。現在のSI 業界は、単純に顧客との準委任契約で、常駐するだけでなく、多重構造の中に、常駐型SESがあることが厄介です。そもそも多重派遣は、中間業者による労働搾取につながることや、派遣元・派遣先の企業と労働者に対する責任の所在が不明瞭にもなるため職業安定法第44条、労働基準法第6条(中間搾取の禁止)で禁止されています。SES契約は、「業務委託契約」によって定義され、基本的には、「作業時間あたり○○円」といった形での報酬支払い契約を結びます。ここで多重契約が発生する場合に課題があります。発注者→委託先→孫委託先と多重の契約で常駐している場合は、発注者からの指示を、受注側雇用のエンジニアが、直接受けてしまうと、「実質的には派遣」とみなされます。契約上の作業責任者に指揮命令権があるため、2次請けの会社所属のシステムエンジニアは、1次請けの会社から指示を受けて作業をすることになり、発注者からの指示を直接受けないことが原則となります。実際プロジェクトを進めると、そのような形を守れることは不可能に近いです。常駐部屋に一次受けも二次受けも一緒の部屋に常駐すれば、一次受けのプロパー社員がいなければ、二次受けに依頼してしまいます。トラブルなんか起こった時にもやっぱり直接依頼してしまいます。またITは技術が細分化しているので、パートナーの方しかわからない部分も多くあるので、聞かざる得ない状況になっていることもしばしばあり、それが度を越すと指揮命令する形となってしまいます。SESの提供会社は、派遣業の免許を持っていない場合もあり、それどころか、他社の社員をさらに他の会社に派遣する「SES契約」に名を借りた「多重派遣」が行なわれている場合もあります。別の発注会社からの見方をすると、常駐型SESではなく、派遣契約で社員を抱えると、3年後正社員として迎え入れる覚悟が必要です。開発はプロジェクト単位に進むため、正社員で受け入れても、次のプロジェクトがあるかどうかは不明なので、そのようなリスクを負えません。そのため、SI企業側へこの派遣の肩代わりを「準委任契約」名の下に行っているので、いびつな状況を生んでいるのです。この状況については、業界自ら自主規制などを行い、正しく運用されるように是正していくべきだと考えています。またIT自体と競争優位の源泉として、常にITを改善するしていく仕組みをユーザー企業で構築し、ユーザー企業側に開発者が移ることによって、ユーザー側でコントロールできる範囲を増やし、多重に派遣し常駐する、といったことがないような世の中にシフトしていくべきだと思っています。 

日本企業の競争力強化は、SI企業の形を変える!?

先日、とあるセミナーに参加してきました。そのセミナーは、今後のテクノロジーと経営がどのように融合すればよいかというお題で、出席者は、ユーザー企業の経営に近い人たちが多く参加していました。その中でSI企業にとって興味深い議論があったので紹介したいと思います。海外も日本も含めて、新しいサービスで有名なところは、自社にエンジニアを抱え自社のサービスとITを融合させている。なぜならITがすでに経営戦略にとって非常に重要なポジションを占めているから。トラディッショナルな小売企業やメーカー、ディスカウントストアでも自社開発を率先的にやっている。競争優位性を発揮したいのであれば、ITは自社のノウハウとして、取り込まなければならない。そういう会社が日本でも生き残っていく確かにそうだと思いました。日本でも大手は、楽天、リクルート、サイバーエージェントも自社開発だし、ベンチャーで有名なサービスは、自社開発している企業が多いです。さてそんな中でSI企業はどのようにすればいいのかという議論も出ていました。そこで感じたのは、3つの方向性があり、それぞれ課題があるということです。①自社のITをサービス化して提供する今までは受託で開発していたものをサービス化、モジュール化して提供していく方法です。主要なSI企業はうまくいっていない状況です。受託開発とサービスは従業員のケイパビリティー(能力)も違いますし、サービス型は、月額費用となるため、一括売上ができず一次的な売上減少を招くためです。SI企業は、サービス化に取り組んでいると叫んでますが、受託開発の売上とサービスの売上比率をみると明らかです。②ユーザー企業側に、人材を流動させる海外のUberに代表されるサービス企業は、CDO(チーフデジタルオフィサー)を配置しています。そのトップには、大手IT企業からテクノロジーを理解している人間をヘッドハントしています。日本も、SI企業側からユーザー企業側へ人材を流動させなければならないのですが、日本全体の人材の流動性が低いこと、そして、SI企業は、まだまだ受託開発が儲かっているので、比較的に賃金が良く、逆にユーザー企業ではITに詳しい人間にインセンティブを与えないため、比較的に給与が低く移動しづらい状況です。③今まで通り新たなテクノロジーを日本に輸入し活用のコンサルティングを行うクラウド化することにより、開発はどんどんなくなりますが、最新技術の活用方法コンサルティングは、ずっと必要です。しかしその部分は、外資系の企業や、コンサルティング会社との競争となるので、かなり厳しい戦いになるのが予想されます。一番ダメなのが中途半端になりジリ貧な戦略をとることです。そうは言っても中途半端な企業は多いと思われます。日本の失われた20年と言われている原因が、損切りが苦手なだけに、損が大幅に出るまで耐えてそれからしか大きな戦略転換ができないのが日本企業の特徴だからです。どの方向性もそれぞれ重い課題で、変えていくには大きなリスクが伴うと感じました。またこのセミナーで一番感じたのは、ユーザー企業のトップ層はすでに、SI企業は限定的に使っていき、新しい試みは、新しいIT企業とパートナーを組みながらやっていくか、自社開発の割合を大幅に増やしていきたいという意気込みを感じました。すぐにはもちろん難しいでしょうが、10年といった単位で考えると、そういう方向になっていき、SI企業はより厳しい戦いになっていくことは会場の雰囲気でもはっきりと見てとれました。日本のSI企業もあと数年で思い切った判断を迫られるでしょう。IBMがPC、サーバーなどのハードを切っていったように、売上が下がるリスクを負ってでも大きな戦略転換が求められていると思います。

常駐型SESは悪魔のささやき!?

常駐型のシステムエンジニアリングサービス(SES)は、なかなか抜け出せないんですよね〜顧客の要望もあるし、売上も読みやすいですし、、、とあるSI企業の幹部の方はおっしゃってました。SESは、まだまだ顧客の要望としてニーズが高いことは、言うまでもありません。しかしこのようなこと言われているSIerのマネジメントは、SESの罠にはまっている状況にあります。SESは確かに安定的なビジネスですが、3つのリスクをはらんでます。 ① 付加価値が示しにくい ② 効率化をするモチベーションになりにくい ③ 別社内の理念や文化に染まってしまうSESは、一度SESで常駐してしまうと、スキルアップしてもなかなか単価が上がらないのが通常です。例えば、サーバーエンジニアが、新たにスキルを勉強し身につけたとしても単価は上がらず、何年も同じ価格で契約せざる得ない状況になっていまいます。実際、数年常駐してスキルが上がっているのに、単価は一緒であることはしばしば見受けられます。またSESは時間の切り売りなので、効率化のモチベーションにはなりにくい状況です。もちろん顧客からの信頼が落ちて、離任ということになれば、売上が下がってしまうのでそれなりに、頑張りはしますが、圧倒的なモチベーションにはなりません。効率化するより、非効率でも仕事を増やし、SES契約の人数を増やすことが評価されます。顧客はITを使って効率化していきたいのですが、契約体型や組織が効率化を阻んでいる状況となっています。そして現場のエンジニアは、常駐先の会社の価値観を徐々に植えつけられていきます。そうすることにより、自社への信頼感や価値観がズレていき離職を招く危険性が高くなるのです。だからといてSESは安定的であり、顧客情報を入手するという意味でもかなり有効なツールであることは間違いありません。なのでこの甘い悪魔のささやきに乗ってしまいたくなるのは、現場のマネージャーであれば十分考えられます。しかし企業を継続的に成長するためには以下の観点をマネジメントがしっかり認識する必要があります。 ① 何を付加価値として提供するのか。 ② 競争優位性の源泉は何なのか ③ 自社社員へ理念や価値観を埋め込み長期的成長を目指すにはどうしたら良いか大規模な開発で、まだまだSESのニーズがあるのは確かですし、それが安定して読みやすい商売であることは、明らかです。ただし、そればかりをやっていても時間の切り売りにしかならず、競争優位を築くことには程遠いです。何の価値を提供するかを再度考え直し、SESをしたとしても、戦略的に限定的に使用していくべきだと思います。

変化するか、「IT土方」以下になるか~SEに迫る3つの転機を斎藤昌義氏×後藤晃氏に聞く

エンジニアTypeさんの取材を受けました。題して『変化するか、「IT土方」以下になるか~SEに迫る3つの転機を斎藤昌義氏×後藤晃氏に聞く』です。システムインテグレーション再生の戦略を共著した斎藤さんと一緒にインタビューです。インタビューの時間は2時間半ほどで、現在のSI業界の課題や、エンジニアの課題についてざっくばらんに質疑応答形式でディスカッションしました。特に大規模なSIerにいるエンジニアが今後、SI市場が縮小した際にどのように生き残っていくかに議論が集中しました。私も前職で大規模なシステム構築を経験しましたが、多くのインフラエンジニアを抱えながらシステム構築していました。しかしインフラ側のエンジニアは今後クラウド化、自動化する中でどうやって生き残っていくかは、大きな課題だと感じていました。またこの取材で改めて分かったことが、SIのエンジニアは、勉強会や交流会には、参加せず、外に出て技術や知識を磨こうという人が少ないのに対し、事業会社でサービスを開発しているエンジニアは、勉強会や交流会に積極的に参加し、自らの技術や知識を磨こうとしてることです。事業会社でサービスを開発するエンジニアと、SIのエンジニアの技術力が逆転する分野がどんどん大きくなるのではないかと感じました。楽しい雰囲気で、取材って感じにはならず、楽しいディスカションでした。良い雰囲気で話せるのは場のマネジメントをしっかりされているからなんでしょうね。詳しくは以下を御覧くださいhttp://type.jp/et/feature/1326/